廃車にお金がかかると思っていませんか?廃車手続きの情報サイトです。 

その廃車 ちょっと待った!!! > その他自動車手続き > 自動車の相続 - 所有者が死亡した場合について

その他自動車手続き

自動車の相続 - 所有者が死亡した場合について

 自動車の所有者が不慮の事故や病気で亡くなった場合、廃車にしたり中古車で売却、他人に譲渡する場合でも手続きが必要になります。
 
 法律上、所有者が死亡した場合は、相続人全員の共有財産になり、相続人は遺産相続の手続き「移転登録」をしなければなりません。

 ●手続きの方法


 
〜蠡蛙佑飽貎佑両豺

 所有者が亡くなって残された自動車を相続して、使用したり、廃車、売却、譲渡する場合は「移転登録」、「抹消登録」に必要な書類と、相続人の戸籍謄本印鑑証明が必要になります。


∧数の相続人の中から一人が相続する場合

 「移転登録」、「抹消」する書類に加えて、遺産分割協議書相続人全員が記載されている戸籍謄本協議で決定した相続人の印鑑証明などが必要になります。

 また、所有者の住所と相続する人の住所が違う場合は住民票相続を放棄する人の放棄申述書などか必要になります。

 相続人に未成年がある場合は家庭裁判所にて代理人を専任しなければなりません。

 この場合、代理人であることを証明する裁判所の証明書、代理人の印鑑証明書、未成年の住民票が必要となり複雑になってきます。



J数の相続人が共同で相続する場合(共同相続による移転登録)

 相続を自動車が高価などの理由で複数の相続人が共同で相続する場合は、一般に行う移転登録する書類に加え、相続人全員が記載されている謄本、印鑑証明が必要になります。

 また、相続人が未成年の場合は、住民票、親権者の証明なども必要になります。

 相続は家族構成や相続人の人数によって、それぞれ対応が違ってきますので近くの陸運支局に問い合わせてから行うことをおすすめします。



●必要書類は・・・

◎複数の相続人の中の一人が相続する場合

 移転登録書類一式・・・相続移転の場合

 一時抹消登録書類一式・・・相続移転抹消の場合

 戸籍謄本・・・被相続人およぴ相続人全員が確認できるもの

 遺産分割協議書・・・相続人全員が連名、実印を押印

 印鑑証明書・・・相続人全員で発行後 3ヶ月以内のもの

 委任状・・・単独相続する者の実印

 自動車保管場所証明書・・・相続人の住所が被相続人と同一の場合は必要ありません。



◎複数の相続人が共同で相続する場合(共同相続による移転登録)

 移転登録書類一式・・・相続移転する場合

 戸籍謄本・・・被相続人及び相続人全員が確認できるもの

 印鑑証明書・・・相続人全員で発行後3ヶ月以内のもの

 委任状・・・相続人全員の実印を押印



◎書類の入出先

 OCRシート、「委任状」、「手数料納付書」等は陸運支局内か周辺の用紙販売所で入手します。


◎自賠責保険料の払い戻しについて

 一時抹消登録をした場合、自賠責保険証の保険会社で解約手続きをして、残っている有効期間分(月単位)の保険料の払い戻しを受けることができます。

 自動車損害賠償責任保険承認請求に必要事項を記入後、一枚目、二枚目に認印を押印し、自賠責保険証と一時抹消登録証明書のコピー、相続人の証明書などを添付して、加入保険会社で手続きを行います。

 保険の手続きについては保険会社に問い合わせてみることをおすすめします。